9月 04 2015

マイホーム購入の為にちゃんとした印鑑を作りました

現在住んでいるマイホームを購入する少し前にちゃんとした印鑑を作る事にしました。マイホームを購入する為には印鑑登録を必要とする書類などもあるため急いで作る事になりました。自宅近くにある大型ショッピングモール内に作ってくれるお店があったので、名字だけでなくフルネームで作ってもらいました。注文をしてから3日ほどで出来上がり、価格は2万円ほどかかりました。受け取ったその日の内に市役所へ行き登録を済ませ、マイホーム購入の契約書に早速その印鑑を使用しました。マイホーム購入以降はほとんど使う事はありませんが、ちゃんとした物を作って持っているというだけで自分が何だか1人前になれたような気持ちになれました。これから先何度使用するかは分かりませんが、大事な書類の作成などがある時には気持ちを込めて押印をしたいと考えています。

印鑑の価値と選び方と考え方

社会の中では、どうしても必要なアイテムというものがあり、それが自分の代わりをしてくれるということがあります。例えばクレジットカードや印鑑などです。信用を象徴的に表したもので、いわば自分の代身のようなものになりますが、そうなるとそれらを見て判断する人も現れてきます。その代身を大切にしている場合には、自分を大切にしているということですし、そうでない場合は、自分さえ大切にしていないのならば、他人はなおさら大切にしないだろうということで、信用ができないという判断をします。ですので、印鑑などは特に良いものを大切に使うという姿勢が重要になります。そのように考えない人もいますが、成功している人は人間をそのように見るということで、相手を見抜くことが得意なので、そのような部分も、最初から準備をしておく必要があります。

印鑑と使い方と材質など

自分の象徴ということで利用するということでは、例えば実印などは、実印らしいハンコを持っていると、それだけで信用されるということがあります。ですので見た目の良いしっかりした重量感のある材質のものを選ぶということが重要になります。一番購入なものは象牙でしょうが最近は水牛とか水晶とか、柘植などでも良い印鑑ができます。特に実印は人生に貴重な契約の時に使うので、三文判などを実印に使うのは避けたほうが良いということになります。以前は印鑑登録証明書の登録のハンコでは三文判を許可しないというところもあり、そのことでトラブルになったという人もいましたが、やはり社会人の場合には、ある程度の材質のハンコを実印としては持つべきだろうということになります。そのほかの普段は、三文判でも良いでしょうが、運勢的に見ても実印は良いものを選ぶべきです。

5000円(税別)以上お買い上げで、カラーアクリル印鑑1本プレゼント。 インターネットで、はんこや印鑑や表札等の販売をしているハンコドットコムは、在庫があれば即日発送可能で送料200円で発送しています。 会社設立印鑑セット、3本17850円(税別)から。 彫はスッキリ、印影くっきりの10年保証付きだから安心、必ずご納得いただける、高級手彫り仕上げ印鑑をお届けします。 手彫りの高級印鑑を特別価格でお届けします!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)