万能ビニール袋活用法

ビニール袋、と一口に言っても種類は様々です。例えば、遠足の持ち物に大抵明記されているゴミ袋。これは、お尻の下に敷いて使ったり、雨が降った時に頭にかぶったり、汚れた衣類を入れたり、、など、様々な事に役立つ便利なものです。そして、台所でよく利用する、透明のビニール袋。これは、物を入れるのにももちろん便利ですが、角を少し切って絞り袋の代わりにしたり、料理の際、粉をまぶしたり、調味料に漬け込むのにも役立ちます。他にも、全く違う素敵な使い方があります。保育所でも大活躍なのですが、お散歩の時にも欠かせなかったりします。これをママにお土産に持って帰るの!という、子ども達。彼らは、草花や木の実、時には石ころさえも大事そうに袋にしまい、カバンに入れて持ち帰っています。そんな子ども達にとっては大事なプレゼントの袋になります。また、製作にも使われ、作品に化ける事もあります。大人も子どもも、使う人によって使用方法も無限大。ビニール袋はそんな、素敵な便利グッズなのです。


便利なビニール袋について

昔は、スーパーや小売店などで、買った商品は紙袋に入れられていました。それが、いつしか丈夫であるポリ袋やビニール袋が大量に使われるようになりました。ですが、近年ではレジ袋削減運動も起きています。買い物客は、自宅からマイバッグを持参して行こうという動きです。そうすることで、資源の節約ができます。マイバッグを持参した人には、ポイントがついたりするサービスもあります。私はマイバッグ推進派ではありますが、ペットも飼っていますし色々とビニール袋があれば助かるので、たまにはスーパーでもらっています。散歩中の糞を取ったり、またペットの毛を集めたりします。丈夫なので安心して使えます。他にも、ゴミを集めたり外出時の汚れた服などを入れておいたり、重宝しています。無駄な分は削減しながらも、便利に使っていきたいと思います。


ビニール袋を買いました。

もうレジ袋が有料になって結構たちますが、少し前まではスーパーへお買い物に行けばレジ袋は余るくらいもらえていたので、レジ袋が我が家では大活躍をしていました。ゴミ箱にはスーパーのビニール袋がセットされ、子供のおむつを捨てる時にも子供の着替えを入れる時にも大活躍でした。ビニール袋は自分で購入するものだという認識がゼロといっても過言ではありませんでした。しかし、あんなにストックがあったレジ袋も、お買い物のたびにマイバックを持参しているので底をつきてきてしまいました。子供の通う保育園でもおむつを捨てる際の袋がなくなってしまったので購入させていただきますと3人目にして初めてお手紙をいただきました。そして我が家もついにビニール袋を購入しました。環境のためにも無駄使いせず大切に使わないといけないことを実感しました。

Comment

コメントを残す

*